日本語


モーゲンスタン陽子

カナダ、アメリカ、日本、ドイツを基盤に創作活動・翻訳を行っています。
日本ペンクラブ、ヨーロッパ著作家協会 (die KOGGE) 公式会員。

ドイツでの翻訳・通訳ご依頼につきましてはこちらをごらんください。


<単行本>


<エッセイ・短編小説>
2010年、短編がトロントの出版社ブックランド・プレス社の人気シリーズ『カナディアン・ヴォイスィズ』第2巻に収録されました。(同作品は2011年モントリオールのリンダ・リース出版のウェブマガジン、サロン.II. にも掲載されました。)

2011年、短編がトロント、イグザイル・エディション出版のグロリア・バンダービルト文学賞にノミネートされました。(同作品は2012年、モントリオール・レビュー誌5月号に掲載されました。)

アメリカの文芸誌『グレート・レイクス・レビュー』2012年秋冬号と2013年春夏号に短編小説が掲載されました。また、カナダの全国紙『グローブ・アンド・メール』紙にエッセイが掲載されました。

 2014年、短編がイギリスのオンライン・マガジン『ザ・レッド・ライン』に掲載されました。

2016年、短編がカナダの文芸誌『アンテサード』に掲載されました。


<オンライン記事>

<インタビュー>
連絡先


モーゲンスタン陽子 yoko724@gmail.com



モーゲンスタン陽子

 東京都出身。筑波大学卒業後、教育関係の編集プロダクションに入り、数々の学習書、教科書、雑誌等を編集・執筆する。独立後はフリーランスで執筆活動を続け、カルチャームック、全国入試問題の解説、TOEIC 練習問題の作成など行う。『地球の歩き方』カナダ東部版99-00年では取材から執筆、編集までを担当。
   その後ドイツに7年暮らし、2人の子供を育てながらフリーで翻訳(英語・独語)や編集を続ける。
 2008年よりカナダにて、子供の就学を機に執筆活動を再開。地元各日系紙、ウェブマガジン等のコラム(英語・日本語)執筆ほか、作家としてデビュー。また、カナダのベスト出版社の栄誉を3年連続受賞し、歴史的にも由緒あるアナンシ出版社、グラウンドウッド出版社でインターンを経験(マーケティング)。
 2011年よりふたたびドイツ在住。
   筑波大学で政治学学士、カナダのシェリダンカレッジにてジャーナリズムのディプロマ、ドイツのバンベルク大学院にて英米文学の修士号取得。